フレッツ光

Bフレッツ、フレッツ光ライト(NTT東日本のみ)、フレッツ光ネクスト、フレッツ光プレミアム(NTT西日本のみ)をまとめて「フレッツ光」と呼びます。フレッツ光は光ケーブルを引き込む方法により数タイプあります。戸建住宅タイプとマンションタイプに分かれます。

NTT西日本とNTT東日本により工事費、使用等金、プラン等少し異なりがあるので工事申し込みの時に確認する必要があります。しかし適応プロバイダーは東西同じですのでご安心ください。

エリアは東西ともに拡大しておりますが適応外のエリアもありますから確認が必要です。速さは共に最大100MbpsでフレッツADSLと比べると最大で倍以上の速さです。

またADSLと異なり光回線は電話局からの距離、周辺のノイズを受けにくい事も特徴で音楽、画像、映画等の比較的重いデーターをダウンロードする時にも適しております。

欠点としてはADSLと比べて戸建の場合はランニングコストが少し高いというところです。また光ケーブル従来の電話線と異なり細くて折れやすいので曲げないように注意が必要ですが、細いためにあまり目立たない所はメリットです。

マンションタイプの場合は戸建住宅と異なり割安になります。最近では全室光対応マンションも増えてきています。フレッツ光を全室対応する事によりインターネットの人口が増加しているため、人気を集め空室が少なくなる管理する方はメリットが有ります。

NTT西日本、東日本と共にエリアは拡大していますが、まだ日本全地域光回線が普及していません。今後は日本全域の光回線開通と戸建住宅プランの格安プランが増加しればADSLから光回線に切換える人口はまだ増加するのは確実です。

フレッツ光はプロバイダーと契約しないといけない?

フレッツ光でインターネットをご利用いただくためには、プロバイダーとの契約が必須条件となっています。

プロバイダーとは、フレッツ光が提供している光回線とお持ちのパソコンとをつなぐ中継基地のようなものと考えると良いでしょう。
フレッツ光だけでなく、ADSL回線でインターネットをご利用いただくためにもプロバイダーとの契約が必要です。

プロバイダーは、ヤフーBBや楽天ブロードバンド、ビッグローブなど数多くありますが、基本的にユーザー自身でプロバイダーを選択することができます。
もちろん、プロバイダーによって利用料金やサービス内容などが異なっていますので、光回線の利用方法に応じてお選びいただくと良いでしょう。

また、インターネットを利用するためにかかる料金は、フレッツ光を提供しているNTTからと、光回線とお持ちのパソコンをつないでいるプロバイダーから請求されます。
毎月の請求書はそれぞれから送付されますが、決して二重請求ということではありませんので、覚えておいてください。

最近では、光回線とプロバイダーがセットになった契約方法も人気となっています。
契約することができるプロバイダーは限定されていることがほとんどですが、それぞれで契約する必要がなく、毎月の請求書もまとめて一通で送られてきますので、大変おすすめとなっています。

光回線とプロバイダーの多くは、インターネットからお申し込みいただくと破格の費用での契約を提供していますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。